大阪や神戸、京都を拠点として活動する関西の異業種交流会 キックオフ関西の公式サイトです。14年間で延べ16,800名の参加者を集め、14年間の交流会開催数約840回を数え、大阪に拠点を構えて活動する異業種交流会です。参加者のマナーと前向きさと初参加者へのウエルカムでは負けない自信があります。大阪では心斎橋や梅田でセミナー+交流会、異業種交流会、女性交流会、初心者向け交流会、京都や神戸にて交流会を開催しています。

運営会社

写真チェーンの店長や住宅や室内リフォームの現場監督や営業、カフェの店長を務め阪神淡路大震災時は明石に住んでいて、被災する経験を持ち、震災直後は住宅の現場監督で走り回り、過労死になりそうなくらいに働いた経験もある。

2002年に仕事以外の仲間が欲しいと言う目的で交流会に参加し、異業種交流会デビュー。

キックオフ関西は2003年3月に異業種交流会にて出会った仲間同士で旗揚げ。

13年で開催した交流会数は730回近く。参加した数も約15,600名。

2013年と2014年は70回、2015年は80回交流会を開催し、ドタキャンの数がいずれも、年間でたったヒト桁と言う驚異的な記録を達成する。

キックオフ関西も2012年に長堀橋の「SOHO LINK長堀」にオフィスを構える。

特に講師陣はフジテレビ系「ホンマでっか!?TV」のコメンテーターでマーケティングライターの牛窪 恵さんやカリスマボイストレーナーの秋竹 朋子さんは毎年登場し、他には過去にFM大阪のDJ若宮テイ子さんや毎日放送ラジオパーソナリティの近藤光史氏や山一証券最後の社長、野澤正平氏や起業家雑誌アントレを創刊した高城幸司氏、「マネーの虎」にも出演した臼井由妃さんなど数多くの大物を口説き落とす。

2016年から「東京での異業種交流会の開催」などの企画を行う予定。

現在はキックオフ関西の運営をしながらネット・コンサルティングも行う。



【キャプテンから参加者の皆様へのご挨拶】

キックオフ関西は2003年3月1日に西梅田のハートンホテルにて飲食形式の交流会として旗揚げし、現在に至っています。当初はいわゆる「飲み会のノリ」で始まった当会ですが、旗揚げした頃はmixiやFacebookなどのソーシャルネットもない時代で(ちなみにmixiは翌年2004年に立ち上げ)その頃から沢山の参加者を見てきました。それだけの経験とデータが当会にはあります。そういうデータを活かし、参加者目線で運営しています。

交流会を運営する上に大事にする事、それは「初めて参加された方が如何にアウェイ感なく当会を楽しんで頂けるか?」を常に考えています。初参加の皆さんが一番不安に思う事は「常連さんの出来あがった空気の中に入れるのだろうか?」だと思います。初参加を受け入れるか否かで今後またご参加頂けるか二度と参加しないかが決まると思います。常連メンバーはもちろんですが、初参加メンバーへの接し方を特に重要視しています。

キックオフ関西が思う事、それは「参加者満足度120%」を常に目指しています。参加者の皆様が貴重なお時間を取って頂いて当会にご参加頂けるのですから、当方もスタッフ一同で運営と歓迎を心がけて「参加して良かった」と言って頂けるように頑張ります。それと当会は「不審な勧誘をする参加者」については厳しく見張っていますので、もし当日の参加者の中に「自分本位な行動や勧誘をする参加者」がいましたら、私たちにおっしゃって下さい。しかるべき対応を取りたいと思います。

いろいろな出会いを企画致しますので宜しくお願い致します。

最後に「皆さん、キックオフ関西を楽しんで下さい!」




【本拠地】



キックオフ関西は「セミナーや講演会、交流会を企画し、その参加者同士でも交流会を開催する」関西の異業種交流会・勉強会です。

12年間で延べ14,500名の参加者を集め、交流会開催数約650回を数える老舗といっても過言ではない関西の異業種交流会です。参加者のマナーの良さとポジティブさからして初参加者への”ウエルカム”ではどこにも負けない自信があります。ちなみに2014年は年間で70回交流会を開催致しまして、ドタキャン(連絡なし欠席)はたったの一割にも満たない数でした。大阪はもちろんのこと、交流会の拠点を関西に置き、セミナー+交流会や女性交流会、交流会は初めてと言った初心者向け交流会など京都や神戸でも開催しています。


※交流会開催時以外は事務所にいませんので、御用の場合は前もってご連絡願います。