大阪や神戸、京都を拠点として活動する関西の異業種交流会 キックオフ関西の公式サイトです。14年間で延べ16,800名の参加者を集め、14年間の交流会開催数約840回を数え、大阪に拠点を構えて活動する異業種交流会です。参加者のマナーと前向きさと初参加者へのウエルカムでは負けない自信があります。大阪では心斎橋や梅田でセミナー+交流会、異業種交流会、女性交流会、初心者向け交流会、京都や神戸にて交流会を開催しています。

ドラックストアの接客に一言

私はシャンプーとか歯磨き粉とか洗剤などの商品は
スーパーかホームセンターで買います。
薬類はスーパーの中の薬局で買います。(ない所もありますが)

つまり・・・
「ドラックストアでは買いたくありません」



なぜドラックストアで買いたくないのかと言いますと・・・
どこのドラックストアでも共通して言える事ですが

「ポイントカードの応対がウザい!」

私はポイントカードを必要最低限でしか持ちません。その理由は・・・

「財布がパンパンになってしまい、財布の形状を損なう。」

ドラックストアに限らず、多くの店で
「ポイントカードはお持ちですか?」
と聞いてくるので、それらを聞いているとだんだんウザく感じます。
ポイントカードを提供する側もあらゆる意味で商品を買って欲しい
消費者の事を考えているのかな?と思います。

ポイントをためると割引・サービス還元されたりお得なのはわかります。
しかし私はどうしても「面倒!!」と思ってしまいます。
レジで「いらない」と言っても、次に行くとまた「カードお作りしますか?」と聞かれるし。
忘れたとかなくしたとか言うとこれまた面倒な問答が始まることが容易に想像できるので。

それ以来、ドラックストアに行くと、また同じ事を聞いてくる事が不快に感じ
最近ドラックストアで商品を買わなくなりました。

実は昨日、久しぶりにドラックストアで買い物をした際
「またポイントカードを言ってくるな・・・」と察知し
商品をレジに出したと同時に
「ポイントカードは持っていないし作りたいと思いません!」
と言ったところ、無愛想な応対で「カチン!」と来ました。
まあ文句は言わなかったですが(笑)

財布には、毎週通う店か「Tポイント」「ポン太」「楽天ポイント」など
コンビニ系のポイントカードしか持ちません。
それ以外のカードは持たない事にしています。

ドラックストアも顧客にポイントカードを持たせたいのであれば
1)スマホでポイントカードアプリを作成すべし。
2)Tポイントやポン太などのポイントカード会社に加入すべし。

どっちにせよコストはかかりますが、それでも消費者が
ポイントカードを抱え過ぎている現状をもっと考慮すべきです。
あまり消費者にポイントカードを配りすぎても
あらゆる意味で顧客獲得には繋がらない現状である事を理解して欲しいです。

皆さんも私と同様の事を感じていませんか?

▼キックオフ関西のメルマガはこちらから登録できます▼

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。