大阪や神戸、京都を拠点として活動する関西の異業種交流会 キックオフ関西の公式サイトです。14年間で延べ16,800名の参加者を集め、14年間の交流会開催数約840回を数え、大阪に拠点を構えて活動する異業種交流会です。参加者のマナーと前向きさと初参加者へのウエルカムでは負けない自信があります。大阪では心斎橋や梅田でセミナー+交流会、カフェ交流会、女性交流会、初心者向け交流会、京都や神戸にて交流会を開催しています。

振込率100%



キックオフ関西はご承知の通り、参加費につきましては
「会場支払いの場合」と「事前振込の場合」とで
参加費に差をつけています。

その理由は・・・言うまでもありません。

「事前振込を促進したい」
それだけです。

以前はほとんど参加費は「会場支払い」にしていて
飲食が絡む、ごく一部の企画のみ「事前振込制」にしていました。
ところが参加費を完全に「会場支払い」にすると・・・
「キャンセル」が多く、酷い時になると「当日キャンセル」が多発しました。

それを軽減させる対策として「事前振込」に変更したのですが
参加費を表示して「事前にお振込をお願いします」と書いても
期限は守らないし、開催近くになってようやく振り込み人が多く
当方も心臓に悪かったです(笑)。

ある時にTVで流れていた落語会の入場料に

前売券:5000円
当日券:6000円

と書かれている表示を見て「あ、これや!」と閃きました。

「会場での支払いと事前振込の金額に差をつけて見よう!」

すると・・・
1000円の差を設けている「セミナー系の交流会」の振込率は劇的に上がり
ここ最近は当日申込者を除き、振込率は「ほぼ100%」です。
だから受付スタッフも「最近チェックするだけ」の状態になっております。

500円の差を設けている「異業種交流会系」は、日によって変わりますが
昼開催は比較的、振込率が高いです。

そして何よりも・・・
「参加申込後のキャンセルが激減しました。」

そして当会が行っているこの方法を見た他団体が
この方法を採用するところが少しずつ増えて来て
5月に参加した出版セミナーを主催した某団体も
先日イベントの参加費を見たら

「事前にお振込頂く方は1000円割引致します」

と書いていて「参考にしたなあ・・・」とニヤリ(笑)
でも、この方法は真似しても良いですよ。

もし「申し込んだ人がなかなか振り込まないので頭が痛い」と言う方は
是非、この方法を参考にしてみて下さい。劇的に上がりますよ。

それから・・・
銀行口座を「三菱UFJ」と「ゆうちょ」にしている理由は・・・

「長堀橋でも、梅田でも、三宮でも、この銀行のATMが最寄りにあるから」

それだけです。特に「ゆうちょ」は郊外や地方にお住まいの方からのウケが良く
しかも「ゆうちょ銀行同士の取引」ならば、
土日祝や夜間でも振込ができると言う点は評判が良いです。
ですから当会も「ゆうちょ銀行同士の取引」に限り、
土曜日の振込も受付けています。

そして今日気付いたのですが・・・
「三菱東京UFJ銀行同士でも24時間365日の振り込みが可能」
になったとの事。もしそうなれば、土曜日の対応が容易になりますね。

当会もセミナーや交流会の運営は
頭とアイデアを使って、いろいろやっています。
これからこれらのノウハウを棚卸して
「主催者に伝える」ということもやってみようかと考えている最中です。

▼キックオフ関西のメルマガはこちらから登録できます▼

アドレス:




こちらに空メールを送っても登録できます。