大阪や神戸、京都を拠点として活動する関西の異業種交流会 キックオフ関西の公式サイトです。15年間で延べ18,000名の参加者を集め、15年間の交流会開催数約1000回近くを数え、大阪に拠点を構えて活動する異業種交流会です。参加者のマナーと前向きさと初参加者へのウエルカムでは負けない自信があります。大阪では心斎橋や梅田でセミナー+交流会、カフェ交流会、女性交流会、初心者向け交流会、京都や神戸にて交流会を開催しています。

懇親会付きのビジネスセミナーは人材の宝庫



自分の仕事を探す目的で名刺交換会系の交流会に参加する人が多いです。
まあこれは一般的な考え方です。

実際に名刺交換会に行ってみると、あまり仕事につながらないという
感想を抱く方がほとんどのようです。
なかには参加費用ばかりがかさみ、資金が厳しくなってくる方もいらっしゃいます。

普通に考えれば名刺交換会が仕事につながらないのは当然です。
名刺交換会には仕事が欲しい人が集まります。
仕事を依頼したい人の集まりではないのです。

いわば、需要が無くて供給ばかり。供給過多の状態が名刺交換会の実態です。
仕事の発注者がいないのに、いくら自分をアピールしても意味がありません。
仕事が欲しい人から、仕事を受任するのは、まず無理だと考えて良いでしょう。

それを理解せずに、名刺交換会に参加された人に
「私はこれができます」と一生懸命営業をかけたところで、
その努力は実を結びません。

で、キックオフ関西は名刺交換会系の企画も行いますので
名刺交換会系の企画も行ってますが
それ以上に力を入れているのが・・・



「セミナー+交流会」

「自分には学ぶ必要は無い」とセミナーを敬遠しがちな方も多いと思いますが、
それはあくまでも自分目線。
相手目線で考えた場合

参加者は「困っている事があるから」「勉強したいから」という目的で
参加している訳ですから、もしもパートナーやクライアントを求めたいあなたが
そういう場所に懇親会まで参加して、懇親会と言う交流の場で
参加者に手を差し伸べ、話に耳を傾け、相談に乗ってあげた場合、
自身の顧客やクライアントに結びつくことだってあるのです。

つまり、ビジネス系のセミナーに参加する方の多くは
「これから独立を考えている」と言う方もいますし
「経営のヒントを見つけたい」とか「現在経営していて悩んでいる」
など困った事があるので、その悩みを解決したく参加している人が多いのです。

そういう参加者をどうして取りこまないのですか?
まさにクライアント予備軍の宝庫と言っても良いのです。

以前、キックオフ関西が経営者交流会を開催していた時に
士業が多く参加していたのも、法人や個人の経営者との出会いを
求めて参加していた方が多かったのです。

懇親会の場になると、士業の方が経営者を見つけては
いろいろな話を積極的に行っていた光景を当時は良く見ていましたが
最近は当会が経営者向けの企画を行わなくなった影響もありますが
そういう光景は見なくなりました。

その事を当てはめると・・・
士業だけではありません。経営コンサルの方だって当てはまると思います。
名刺交換会に足を運ぶよりも、懇親会の付いたビジネス系のセミナーに
懇親会まで参加して、参加者と交流する方が、思わぬ人材に遭遇する確率は高いです。
ビジネスセミナーの参加者は大なり小なり何か困っている事や悩んでいる事があるので
足を運んでいる訳ですので、そこを注目すべきです。

またセミナー後の懇親会は、
お互いをもっと知るには一緒に飲んだり食べたりするのがベストな方法であり
目的意識が自分と同じ参加者が多く集まるので、
仲間が作りやすく、話題性が共通すると言う利点もあります。

コミュニケーション系のセミナーの懇親会で良く見られる光景ですが
早速参加者同士で学んだコミュニケーション術を実践して
参加者同士が仲良くなると言う光景が広がっています。



本当に「良い出会い」「実務に繋がる出会い」が欲しいのであれば
「セミナー+交流会」に参加する事をお勧めします。
これは主催者である私が長年の運営で見てきた経験値です。

出会いを求める方はセミナーのテーマ等を見て
「このテーマに参加する方々の層」を計算する能力が求められますが
その結果がビンゴした場合、良い出会いが得られます。

あと「懇親会(交流会)のあるセミナー」を狙う事をお忘れなく。
交流会の無いセミナーに参加しても出会える場がないので。

キックオフ関西もこれからもセミナー+交流会は数多く開催しますので
詳しくは下記をクリックして下さい。

キックオフ関西の今後の開催予定はこちらをクリック!

キックオフ関西のLINE@はこちらをクリック!⇒友だち追加

▼キックオフ関西のメルマガはこちらから登録できます▼

アドレス: