大阪や神戸、京都を拠点として活動する関西の異業種交流会 キックオフ関西の公式サイトです。15年間で延べ18,000名の参加者を集め、15年間の交流会開催数約1000回近くを数え、大阪に拠点を構えて活動する異業種交流会です。参加者のマナーと前向きさと初参加者へのウエルカムでは負けない自信があります。大阪では心斎橋や梅田でセミナー+交流会、カフェ交流会、女性交流会、初心者向け交流会、京都や神戸にて交流会を開催しています。

500円で花粉症を防ぐ方法

キックオフ関西のキャプテンは重度と言っても良いくらいの
花粉症持ちの人間です。

以前はスギ花粉の飛散の時期になると
目の痒みや鼻水や、くしゃみなど
それはそれは酷い状態になります。

しかも最近は、ヒノキ花粉の飛散時期になっても
花粉症の症状が出ているので、2ヶ月間辛いです。

そんな時な土曜日にFacebookを見ていると・・・

「500円程度で花粉症を止められる方法」

があると言う情報を知りました。
しかもドラックストアで500円程度で売っているもので
花粉症が止められるとの事。その商品とは・・・

「ワセリン」


ワセリンとは?
石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもの。
大部分は、分岐鎖を有するパラフィン(イソパラフィン)
および脂環式炭化水素(シクロパラフィン、ナフテン)を含む。
ワセリンという場合、一般的には白色ワセリンを指す事が多い。
(wikiより引用)

ワセリンは皮膚表面にパラフィンの膜を張り、
角質層の水分蒸発を防ぐことで皮膚の乾燥を防ぐ効果に加え、
外的刺激から皮膚を保護するという働きがあることから、
鎮痛・消炎・鎮痒の軟膏剤のような医薬品の基剤や、
化粧クリームのような化粧品などの基剤として用いられる。
また潤滑剤や皮膚の保湿保護剤としても用いられる。

鉱物油からの精製による純度の違いにより黄色ワセリンと白色ワセリンがあるが、
医療用では白色ワセリンを用いることがほとんどである。
眼軟膏には特に純度の高いものを用いることが多い。

湿潤療法のために、使用されることがある。
乾燥をきっかけとする皮膚病や、
切り傷からの出血を一時的に止めるためにも多用されている。(wikiより引用)

そのワセリンが実は花粉症対策としても使えてしまうのです。
その情報を見た時に「ホンマかいな?」と思いましたが
半信半疑で近くのドラックストアに行き(コクミンドラック)
買って来ました。価格は何と「598円」
これで花粉症が止まれば安いものだと思いました。



そして桜を見に行くために外出する前に、顔全体に薄く広げる感覚で塗ってみました。

すると・・・
3時間外出して帰宅して感じましたが・・・

「目の痒みが全く無かった」
「鼻水も全然出なかった」

もちろんマスクは付けていません。
それでこれだけの効果が出たから驚きです。

ワセリンの特徴として以下のことが挙げられます。
・高い保湿効果
・肌に浸透しにくい
・肌を保護する

このようにワセリンは高い保湿効果がありますが、
ワセリン自体は肌に塗っても肌内部には浸透しにくいという性質をもっています。
そのため、肌にワセリンを塗ると肌の表面を覆い保護すると同時に、
肌内部に花粉が浸透してしまうのを防いでくれます。
このようにワセリンは花粉症対策にも使えるというわけです。(美BEAUTEより引用)

このような効果があるのなら、もっと早く教えて欲しかったです。
まあ今年の花粉症は後半戦なので、来年以降の花粉症対策に
「ワセリン」を使用したいと思います。
ただ塗った後、効果は8時間程度だそうです。

もう「目の痒み」や「鼻水」や「くしゃみ」からサヨナラできる日が
来そうですね。あと「黄砂」や「PM2.5」にも効果があればと思います。

ワセリンはドラックストアや薬局でも売っています。
もちろん「ネット通販」でも購入できます。
(ドラックストアよりもネット通販の方が安いです)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大洋製薬 ワセリン(100g)【6_k】
価格:354円(税込、送料別) (2018/4/1時点)




以上、久しぶりに交流会以外のネタを書いたキャプテンでした。

キックオフ関西のLINE@はこちらをクリック!⇒友だち追加

▼キックオフ関西のメルマガはこちらから登録できます▼

アドレス: