大阪や神戸、京都を拠点として活動する関西の異業種交流会 キックオフ関西の公式サイトです。15年間で延べ18,000名の参加者を集め、15年間の交流会開催数約1000回近くを数え、大阪に拠点を構えて活動する異業種交流会です。参加者のマナーと前向きさと初参加者へのウエルカムでは負けない自信があります。大阪では心斎橋や梅田でセミナー+交流会、カフェ交流会、女性交流会、初心者向け交流会、京都や神戸にて交流会を開催しています。

FacebookもQRコードがあるのです

交流会に参加した時に
「Facebookで繋がりましょう」と言って
名前を検索して友達申請する人も多いと思います。

でも例えば「田中浩」と言う名前の場合、
検索すると、同姓同名が沢山出てきて探すのに一苦労と言う方も多いと思います。

例えば「LINE」の場合なら、QRコードを撮影して
LINEで繋がると言う形ができますが
「Facebookでもあれば良いのに?」と思われている皆さんも
多いのではないでしょうか?

そう思われている皆様、もう大丈夫です。
何の心配もございません。

実はFacebookにもLINEと同じように
「QRコード」があり、QRコードを撮影して
友達で繋がる事ができるのです。


これ意外と知らない人が多く、私が交流会の中で
説明すると「知らなかった!」と言う方が、ほぼ100%なのです。

では、どうやってQRコードを出すのかと言いますと・・・

画面はIPhoneの画面です。



まずFacebookの画面を開いて頂いて、
iPhoneの方なら画面右下にある「その他(「三」の印)」を開いて下さい。
Androidの方なら画面右上にある「その他(「三」の印)」を開いて下さい。

クリックすると・・・
(iPhoneを持っているので、IPhoneの画面で説明します)



発見という項目の中に「QRコード」があります。
人によっては、スクロールして出て来る人もいますが
私の場合は、開いた瞬間に目に入る位置にあります。

もしも出て来なかった場合は、アプリをアップデートしてください。
アップデートすれば大抵は出てきます。

そしてQRコードの部分をクリックすれば・・・
LINEと同じように「スキャナ」が出てきます。

「スキャナ」と「QRコード」の切り替えは
画面上にボタンがありますので、そこをクリックすれば切り替わります。
そこはLINEと同じです。



あとはLINEと同じようにスキャナで相手のQRコードを撮影して
友達申請を押して相手が承認すれば、繋がります。

Facebookは、頻繁にバージョンアップされておりますので、
バージョンによって操作が異なります。

皆さんも交流会等でお会いした相手とFacebookで繋がる際は
この機能の方が友達の名前を検索して探すよりも絶対に楽です。

ちなみにこの技、私の知るFacebookを教えている講師の方も
知らなかったそうです。

是非お試しください。

キックオフ関西のLINE@はこちらをクリック!⇒友だち追加

▼キックオフ関西のメルマガはこちらから登録できます▼

アドレス: