大阪や神戸、京都を拠点として活動する関西の交流会 キックオフ関西の公式サイトです。17年間で延べ20,000名以上の参加者を集め、17年間の交流会開催数1000回以上を超え、大阪に拠点を構えて活動する交流会です。参加者のマナーの良さと初参加者へのウエルカムの姿勢では負けない自信があります。大阪では心斎橋や梅田で講演会+交流会、セミナー+交流会、ランチ交流会、女性交流会、初心者向け交流会、京都や神戸にてランチ交流会を開催しています。

★参加者だけ集め、ひたすら名刺交換だけ行う異業種交流会スタイルの交流会からは撤退しており、現在は行っておりません。★

人生100年時代とキックオフ関西

今年のGW中、下記のキーワードについて調べていました。
そのキーワードとは・・・

「人生100年時代」
「ライフシフト」




今や「人生100年時代」と言う新しい生き方を提案されている社会。
より多くの方が100歳まで生きる時代に将来的になっていく世の中になっています。

我々の親世代は学校を卒業すれば、会社等で働いて、定年になれば豊かな老後を過ごすと言う時代の流れが固定化された人生の王道ステージ時代だったのが、これからの時代が、これらの流れの順番や期間が崩れて行く時代に変化して行く訳です。つまり今までの人生ステージに乗っかるだけでは行きにくくなっている時代になっていくのです。

例えば教育の場合。
今までは大学さえ卒業していれば、改めて教育と言うステージを設けなくても、新聞やテレビ等で収集しておけば、困ることは早々ないと言われていました。

ところがこれからは
●技術の進歩が速い
●情報の流通量が多い
●健康寿命が延びる
●年金だけではあてにならない


と言われていて、75歳まで働く時代になっていくこれから、今まで学校で学んだ知識だけで定年退職まで乗り切ることは現実的ではないと言えるのです。つまり、これからの時代は「学びなおすステージが必要」となるのです。

また人生100年時代において必要となってくるのが「無形資産」が重要となるわけです。
ベストセラー本「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」にも書かれている一文に
「無形資産を大事にできる人が人生100年時代を幸せに乗り切る」と書かれています。



「有形資産」と「無形資産」の違いとは何?と思われますが
「有形資産」とは「現金」「株」「不動産」などお金に換えられる金融資産を指すと思って下さい。我々の親世代は、有形資産さえあれば短い老後を幸せに過ごすことができたのです。

ところが我々の世代は有形資産だけでなく「無形資産」の有無が重要となってくるわけです。具体的には・・・

●生産性資産(仕事のスキル)
●活力資産(健康)
●変身資産(人間関係や人脈)


これらは形はなく、お金に換算してもすぐに価値は出せるものではないけど、これらは立派な資産で、これからの時代において重要になっていくものなのです。

ではなぜ無形資産が重要なのかと言いますと・・・
お金や金融資産がいくらあっても100歳まで生きるとなると「不健康」や「孤独な老後」こそ「最悪な地獄」と言えるのです。それくらいこれからは目に見えない資産が重要になる時代です。それくらい人生プランを劇的に変えなければ痛い目に遭う時代になっています。

それを考えると・・・
キックオフ関西はこれからの時代に必要となる「無形資産」のうち
「生産性資産」と「変身資産」を参加者の皆様に提供して事に気づきました。

そこでこれからは、この部分を前面に出して、参加者の皆様が
「人生100年時代」を幸せに乗り切るための情報をサポートをしていこうと思った次第です。

コロナ禍で今までの活動を振り返った時に
「今までやってきたことが間違いではなかった」と思い、それと同時に
「今までやってきたことを素直に前面に出せば、必ず人の役に立つ」と思いました。

そこでキックオフ関西はこのようなキャッチコピーを掲げます。

キックオフ関西は「人生100年時代を生き抜く方々のために
ライフシフトな生き方を提案する交流会」です。


ご参加頂いた1人でも多くの方にライフシフトな生き方のヒントを得てほしいと思います。





キックオフ関西のLINE公式アカウントはこちらをクリック!⇒友だち追加